ロスカットと呼ばれるFXの決済方法とは

FXでは取引会社によって自動で行われる強制決済があり、これがロスカットと呼ばれています。特にレバレッジを高くかけていると失敗してしまったときロスカットされることもあるでしょうから、初心者は注意が必要です。

ロスカットは証拠金維持率が最低を下回った時に適用されます。これは投資家の選択の余地なく決済が行われます。通常ロスカット前にはマージンコールが行われますが、既にこの時には危ない状況になっていて、初心者にはどうすることもできなくなってしまっていたりするでしょう。資金の大半を失うことになりますが、このことで証拠金以下のマイナスになるということはなく借金を作ってしまうことは防げるのです。

ロスカットレベルは取引会社によって違いますので、取引を開始する前にきちんと確認しておきましょう。ロスカットが執行されると、人の手ではなく自動的にコンピューターにより強制的に決済されますので不足金が発生したりすることは通常であればないのですが、為替レートが急激に変動したりすると預け入れた証拠金以上の損失が出ることもあります。

どんな状況であったとしても、ロスカットは証拠金の大半を失うものです。初心者はまずハイレバレッジにしないことが大きな損失を防ぐことにもなります。初心者の場合こういった時に自分の予算以上の大金を掛けてしまっていて大きな損をしてしまうことも多いので注意しましょう。