税金がかかるのでFXをするなら覚えておこう

FXで発生した利益には税金がかかります。株のように源泉徴収されることがありませんから、うっかり払い忘れてしまって脱税ということにならないようにきちんとした知識を身につけておきましょう。

まず、基本的にFXに関わらず収入があっても確定申告がいらないという条件があります。まずは年収2000万円以下のサラリーマンの人は給与所得以外の所得が20万円以下であれば申告は必要ありません。そして専業主婦や無職で所得が38万円以下の人も必要無しです。そしてパート収入が65万円以下、FXなどの所得が38万円以下という人も確定申告の必要がないのです。ということで大抵の人はFXで20万円以上の利益がなかったとしたらFXで儲かっていても申告する必要はないでしょう。

そして肝心のFXに掛かる税率は一律20%(所得税15%、住民税5%)になっています。またFXでも雑所得では必要経費が認められます。FXの勉強のために購入した書籍代、パソコンの費用などが必要経費と認められる可能性がありますので購入の際は領収証をとっておくようにしましょう。

また、損したから確定申告をする必要がないと思う人もいるかもしれませんが、マイナスでも決して無関係ではありません。それは、3年間の繰越控除というもので、3年先の確定申告までの間に利益が発生しても、以前の確定申告で損失分があれば、損失分は向こう3年の間に発生した利益を相殺することができるというものです。このため、損をした翌年以降、利益が出た時のために確定申告したほうが良いということなのです。