移動平均線の知識がFX取引には必須です

移動平均線は、過去一定期間の終値の平均値をつないだ線のことです。これはトレンドを読むのにとても有効で、一定期間上に向いている場合は上昇トレンド、下の場合は下降トレンドなどがわかります。

移動平均線の中でも、単純移動平均線が一般的ですが、これはさまざまなものがあります。初心者は勉強して自分がやりやすい計算方法でやっていくと良いでしょう。単純移動平均の計算方法の期間に決まりはありませんが、短期線は反応しやすく間違ったシグナルを起こすことがあります。

長期線は鈍感ぎみですのでトレンドの転換がわかりにくいかもしれません。こういったことからも、計算方法は難しくありませんし、短期や長期で試したりしてみて一つではなく常に複数の線をチェックするようにしてトレンドを予測したり取引を進めていくようにしましょう。

ただ間違ったシグナルを出すこともありますので、要注意です。FX初心者は移動平均線だけを便りにするのではなくさまざまな情報を元に取引を進めていくようにしましょう。ただ、移動平均線についてしっかり把握しておくことはトレンドを把握したり予測したりするのにも有効ですから、このことについては知っておくことが大切です。

ただ、これだけに頼るのも危険なので、移動平均線も複数のものを参考にしていきましょう。また、移動平均線だけには頼らないことも大切ですので、さまざまな情報を集めていくようにしましょう。