トレンドラインはFXを始めるには見逃せない用語です

FXを始めるにはトレンドラインは見逃せない用語ですよ。トレンドラインはろうそく足の同士を結ぶ補助線のことですが下も上も結べます。これらはいくつか結んでおくとトレンドの転換を見極めるのにとても重要なものになるでしょう。

まずは、サポートラインとレジスタンスラインがあります。安値同士を結ぶように引く線をサポートラインや支持線と呼んでいて、逆に高値同士を結とレジスタンスラインまたは抵抗線といいます。

上昇トレンドの時には上昇トレンドラインといいますし、下降トレンドの時には下降トレンドラインといいます。ラインを引くときにはヒゲは関係ありません。そして、きっちり正確に引く必要はありません。3~4つ以上のより多くの安値か高値を結ぶとより確実性が増すでしょう。多くの安値を結べれば過去の相場においてはそれ以上下がないということになります。このようにして過去のトレンドもしっかり分析することができるのです。トレンドラインは面倒くさがらずに初心者はしっかり引きながらトレンド転換を読んでいくようにしましょう。

また、新しいトレンドが始まる時というのは、わかりやすくてこの補助線がトレンドラインを突き抜けます。その後強い力でそのまま買いや売りにトレンドが進んでいく可能性が高いでしょう。そして、このように、トレンドラインを引くことで、トレンドを予測することがより難しくなくなります。もちろんトレンドラインがすべてではありませんが、そこから読み取れるものは大きく、FX初心者は見逃すことが出来ません。