テクニカル分析ではFXチャートを使います

FX売買の参考にするのがチャートです。チャートは過去の為替レートの値動きをグラフにしたもので、FX取引会社のホームページなどで見ることができます。今後の値動きを予測しながら取引のタイミングを決める方法にはさまざまなものがありますが、基本的にはこのチャートを使って先のことも予測して取引を進めていきます。

チャートはロウソク足を使ったチャートが一般的です。ローソク足の形から、始値、終値、高値、安値などの一日の値動きを表しています。1日の値動きを表す日足、分単位で表す分足、月単位で表す月足、年単位で表す年足などもあります。これらが覚えるのが簡単でしょう。

また、陽線と陰線の2種類があり基本的には2色で色分けしています。陽線は始値よりも終値が高かった場合のもので、陰線は始値よりも終値が安かった場合のロウソク足になります。色が違うと初心者でも見やすいのではないでしょうか。また、ロウソク足同士を結んで補助線を書き、今後の値動きを予想することもできます。

この為替の動きを予測することをテクニカル分析といい主に短期の分析に使います。また、政治や経済などをもとに、為替の動きを分析することをファンダメンタル分析といいこれは主に中長期の分析に使えます。
一番良いのはテクニカル分析とファンダメンタル分析を合わせて判断することで、初心者はこれを心がけてFXを続けていってみると良いでしょう。